笛奏者 雲龍

1962年 大阪生まれ、長野県在住。幼い頃より笛に親しみ、さまざまな「場」で笛を吹く。

笛の種類
横笛、土笛、石笛、木の実の笛、コアガラスの笛、ネイティブアメリカンフルートなど数多くの笛を演奏する。
美術館での演奏
信州高遠美術館「平山郁夫」展、ワタリウム美術館岡本太郎ほか出展の「大地の精神展、横尾忠則&細野晴臣「アートパワー」展、
横浜美術館イサム・ノグチ展「光と影にひびきあう」にて演奏。
神社仏閣での演奏
出雲大社、鹿島神宮、熱田神宮、松平東照宮、福井県越前二の宮・劔神社、吉水神社、猿田彦神社本殿遷座巡行祭に参加、
ほか京都・清水寺(成就院)、東福寺(塔頭・願成寺)、吉野山・金峯山寺、鎌倉・浄妙寺、尾道・浄土寺、奈良・薬師寺、明日香・岡寺、
高知・竹林寺 ほか信州・善光寺(玄証院)「一光三尊阿弥陀如来」開眼法要にて献笛。
講  演
星美学園短期大学、ルーテル学院大学、東京自由大学、三鷹ネットワーク大学、ビジュアルアーツ専門学校、朝日カルチャーセンター

<主な活動>

1997年
細野晴臣with環太平洋モンゴロイドユニットのメンバーとして活動開始。
2003年
京都国際会議場にて第三回世界水フォーラム 国連開発計画(UNDP)及び ユネスコ共催
「水と教育」記念式典にて開会式、閉会式共に演奏する。
2004年
立川志の輔 落語と狂言が出逢う能舞台「満月の會」に一年間出演。世界遺産登録記念「森羅万唱」~紀伊山地からの祈り~紀伊山地の霊場と参詣道 記念式典にて細野晴臣with環太平洋モンゴロイドユニットとして出演。熊野本宮大社旧社地(大斎原)石祠の前にて献笛した。
2005年
落語と狂言のコラボレーション「志の輔こらぼ能楽どーや」に出演。SKETCH SHOW
(高橋幸宏+細野晴臣)+雲龍「杉本博司:時間の終わり」展
六本木ヒルズ・森美術館、特設 能舞台にて演奏。
2006年
NHK土曜ドラマ『ウォーカーズ』に細野晴臣氏とともに出演、演奏。
2007年
龍村仁監督映画『地球交響曲第六番』虚空の音編に出演。奈良・薬師寺『天武忌』の法要並びに天武天皇、持統天皇・明日香檜隈大内陵にて献笛を行う。
2008年
国連大学ゼロエミッションフォーラム IN IIDA 佐治晴夫博士春のレクチャー「からだは地球からできている」に出演。 米国・ネイティブ インディアンの聖地、ク゛ラント゛キャニオン ほかにて演奏。
2009年
インド・釈迦誕生の聖地にて献笛を行う。高野山・龍泉院、熊野三山(速玉大社、
那智大社、本宮大社)にて奉納演奏。平泉(中尊寺、毛越寺、高館義経堂)にて献笛。
2010年
元旦に熊野本宮大社 本殿御垣内 『開寅祭』 の神事にて奉納演奏。台湾・日月潭  玄奘寺「玄奘三蔵の法要」、三重県 廣幡神社「応神天皇一千七百年式年祭」、東京 山王日枝神社「世界平和、五穀豊穣」を祈念して献笛を行う。